トップページ > 武蔵カントリークラブ豊岡コース-ラウンドレポート

武蔵カントリークラブー豊岡コース ラウンドレポート

武蔵カントリークラブ豊岡コースへ行ってきました

日本を代表するコース、名門:武蔵カントリークラブ。日本オープン開催コースとしても有名な豊岡コース(18H)笹井コース(18H)も過去に日本オープンなど、様々なオープン競技が行われておりました。両コースとも名匠、井上誠一氏の設計。フラットな地形の中にアンジュレーションのきいた砲台グリーン、砲台グリーンをガードする深さのあるバンカー、見事な植栽と松林にセパレートされた美しいながらも日本屈指の難コースです。

平成18年に新クラブハウス完成。ゆったりとした造りでクラブライフを満喫できる有意義な時間が楽しめる造りとなっております。

レストラン横にあるリラックススペース、こういう空間があると会員として落ち着けます。プレー後はお風呂共々ご利用下さい。

お見事としかいいようのない美しいスタートホール。。立派な松がセパレートされており、真っ平らなフェアウェイはラフ・セミラフ・フェアウェイとはっきりとわかるコース管理が行き届いてます。

ほとんどのホールが砲台グリーンでとても速く難しいです。
バンカーはちょうどよい砂の量でアゴの高いものがほとんどです。

池越えのショートホール、あまり手前につけてしまうと池へ下って行ってしまいます。
日本オープンで何度もテレビ中継されている名物ホールです。武蔵カントリークラブはただ打つだけのゴルフではとてもスコアはまとまりません。

武蔵カントリークラブ豊岡 インコース全ホール画像紹介 詳細ページへ
武蔵カントリークラブ豊岡 アウトコース全ホール画像紹介 詳細ページへ
武蔵カントリークラブ豊岡 クラブハウス画像紹介 詳細ページへ
武蔵カントリークラブ豊岡 会員権詳細 詳細ページへ

会員権購入お問い合わせフォーム

ページトップへ戻る
Copyright(C) sanwaplanning.co.jp All Rights Reserved.